HOME | 館内写真 | VR Gallery | VR釜石SL銀河

VR gallery
Kamaishi SL GINGA VR (steam locomoitive)

Hotel Marue (Kamaishi)

釜石線「SL銀河」 2017年 360度画像
ホテルマルエ(釜石)

◇釜石線 SL銀河 蒸気機関車
平成26年4月から釜石線(愛称:銀河鉄道ドリームライン釜石線)花巻~遠野~釜石間にて蒸気機関車「SL銀河」の運行が始まりました。
銀河鉄道ドリームライン釜石線の愛称の由来は、岩手県花巻市出身の宮沢賢治「銀河鉄道の夜」がモデルとなったといわれております。
この花巻~釜石間各駅の駅名標もリニューアルされ、宮沢賢治の作品中によく使われていたエスペラント語の駅名が付けられております。このエスペラント語の意味も、各地域にちなんだ意味が含まれており、各駅名標を探しながら乗車するのも楽しみの一つです。
 
蒸気機関車「SL銀河」の旅客車の内装は、宮沢賢治の作品「銀河鉄道の夜」の世界観をモチーフにしたアンティークな作りになっており、非日常を満喫できることかと思います。
土日を中心に年間約80本(40往復)の運行予定です。
 
田舎道を走る蒸気機関車も絵になりますが、釜石市内、住宅街を颯爽と走る蒸気機関車も壮観です。
 
ホテルマルエは釜石駅裏徒歩5分となっております。一人旅や宿泊代をリーズナブルに計画しているお客様にご利用していただいております。
皆様のおこしをお待ちしております。
 
JR東日本 SL銀河
https://www.jreast.co.jp/railway/joyful/galaxysl.html
 
【駅名標】
 
花巻駅:「チェールアルコ」(虹)
似内駅:「ラ マールボルド」(海岸)
新花巻駅:「ステラーロ」(星座)
小山田駅:「ルーナ ノクト」(月夜)
土沢駅:「ブリーラ リヴェーロ」(光る川) 
晴山駅:「チェリーズ アルボイ」(桜並木)
岩根橋駅:「フェルヴォイポント」(鉄道橋)
宮守駅:「ガラクシーア カーヨ」(銀河のプラットホーム)
柏木平駅:「グラーノイ」(どんぐり)
鱒沢駅:「ラクタ ヴォーヨ」(天の川) 
荒谷前駅:「アクヴォラード」(水車)
岩手二日町駅:「ファルミスタ ドーモ」(農家)
綾織駅:「テクシーロ」(機織り機)
遠野駅:「フォルクローロ」(民話)
青笹駅:「カパーオ」(カッパ)
岩手上郷駅:「ツェルヴォダンツォ」(鹿踊り) 
平倉駅:「モンタ ディーオ」(山の神)
足ヶ瀬駅:「モントパセーヨ」(峠)
上有住駅:「カヴェルノ」(洞窟)
陸中大橋駅:「ミナージョ」(鉱石) 
洞泉駅:「ツェルヴォイ」(鹿)
松倉駅:「ラ スーダ クルーツォ」(南十字星)
小佐野駅:「ヴェルダ ヴェント」(緑の風)
釜石駅:「ラ オツェアーノ」(大洋)

◇撮影場所
ホテルマルエでは無料レンタル自転車4台をご用意しております。(先着順)撮影場所までは自転車で15分程度となっております。
近隣には古い神社「八雲神社」(12世紀ごろにはあったとされている)もあり、近隣町の探索観光に丁度いいサイクリングコースです。

追記:この釜石線をはしるSL銀河、蒸気機関車「C58 239」は1940年(昭和15年)製造から1972年(昭和47年)の約30年間活躍しておりました。戦後ディーゼル機関車への置き換えが始まり、役目を終えた「C58 239」は盛岡市にある岩手県営運動公園内の交通公園に保存展示となっていたものです。
 

館内写真へ

館内写真へ

ホテルマルエホーム